hanaso 評判

hanaso 評判 /評価

レッスンの質 ★★★★☆
サポート体制 ★★★★★
講師の質 ★★★★☆
料金 ★★★★★
教材の質 ★★★★★
予約システム ★★★★★
カリキュラムの質 ★★★★☆

hanaso 評判 /特徴

hanasoは、フィリピンの有名大学在学生・卒業生を中心とする優秀な講師陣で構成されるオンライン英会話です。

レアジョブと同じ路線の「格安オンライン英会話」の部類に入るオンライン英会話スクールですが、顧客満足度は90%を超えるなど非常に高く、日本語が話せる講師の充実やサポート体制に定評があります。

レアジョブやDMM英会話などの最大手と比べると講師数や教材数は少なく中堅クラスのオンライン英会話ではありますが、その歴史は意外にも古く、2010年からサービスの提供を開始。

2014年から子供向け英会話「hanasoキッズ」もスタートして「子供向け英会話」にも力を入れています。

関連記事:hanaso kids /【評判・口コミ】ハナソキッズの料金、体験レッスン

教材もしっかりしており、「世界一わかりやすい英会話の授業」の著者としても知られる関正生氏が監修した教材を使用し、hanaso独自の反復学習システム「hanasoメソッド」によるレッスンを受けられます。

また、2015年4月からは回数プランをリリースし、翌月へのレッスン繰越にも対応してくれるようになったので、週に何回も受講することができない人や、まずは少ない回数で様子を見たいという人は、よりリーズナブルに試すことも可能です。

大手の競合他社と比べても、講師検索や予約画面の使いやすさ、日本語対応の講師がいる点で優れており、規模が大きくない分、逆にサービスが行き届いているのが特徴のオンライン英会話であると言えるでしょう。

hanaso 評判 /3ヵ月使ってみて分かったメリット

管理画面が分かりやすい

hanasoの管理画面はスマホ化こそ対応していないものの、使いやすく予約がしやすいです。

また、生徒が書き込めるコメントはありませんが講師の人気度、評価がわかるようになっているので、講師を選びやすいです。

レアジョブと違ってブックマーク数ではないので、悪い評価も入るため、必然的に悪い評価をとり続ける講師は退職、いい講師だけ残るようなシステムになっているのではないかと考えられます。

hanasoは予約がとりやすい!

土曜日の11時すぎに検索してみたところ、11:30、12:00から受講できる講師は15人以上いました。

予約が混雑しやすい土日祝日で検索してもみましたが、やはり比較的講師には余裕があります。

レッスン直前でも比較的予約がとりやすく、講師は十分な人数が確保されていますね。

フィリピン有名大を中心とする約450名の優秀な講師陣

hanasoにはフィリピンの有名大学在学生・卒業生を中心に構成される、厳しい採用基準を合格した約450名の講師が在籍しています。

hanasoの講師採用プロセス
  • リクルーター、Hanasoスタッフによる2回の面接(模擬授業含む)
  • 5日間(1日8時間)のトレーニング
  • 実際の生徒にレッスンを提供して講師適性チェック
  • 合否判断

レッスンで使用する日本語研修なども行っているため英会話初心者の方も安心してレッスンを受けることができ、ユーザーアンケートでも講師の質について高い評価を得ています。

日本語対応可能な講師も在籍!

hanasoでは、予約の際に「日本語レベル」からカタコト・簡単な会話・日常会話の3段階で日本語が話せる講師を選択できます。

日常会話レベルの講師も15人~20人いますし、高度な英語教育を受けてきたフィリピン人講師のレッスンを、日本語の補助もありながら受けられるのは初心者にとって心強いですね。

独自の「hanasoメソッド」と関正生氏監修教材

hanasoには、レッスン・復習問題・音声教材の3つを軸として、レッスンの内容を定期的に復習できる復習システム「Hanasoメソッド」を採用しています。

教材はhanasoオリジナルテキストを使用して、正誤率をもとに正解率の低い英単語や英語表現は短いサイクルで復習問題として出題されるので、苦手なポイントを集中的に復習できるようになっています。

英語学習ではしつこいくらいに復習するのが重要なので、これだけ見てもHanasoは英語力を本気で伸ばしたい人に向いていると言えます。

他にも、トピックを選んで英会話の練習をする「トピックトーク」やWebニュースによるディスカッションなど、幅広いバラエティのレッスンで英語力を鍛えることができます。

こういった多種多様な教材は、Hanasoが自社で開発しているオリジナル教材ですが、監修者はあのスタディサプリEnglishの関正生先生です。

累計120万部を誇り「世界一わかりやすい英会話の授業」の著者としても知られる関正生氏が監修した教材(「英会話フレーズ」「旅行英会話」「発音トレーニング」「TOEIC ボキャブラリ」など)を用いたレッスンを受ける事が出来るのは大きなメリットです。

おもてなし英会話が学べる教材が特におすすめ!

旅行で使える英会話、TOEIC対策のレッスンなど、基本的な教材が一通りそろっているhanasoですが、中でもオリジナルの「おもてなし英会話」という教材は他社にはないユニークで役立つ教材です。

おもてなし英会話では、その名の通り自分が外国に行ったときではなく、来日している外国人を相手に話す場面を想定しています。

困っている外国人に声をかけるところから始まり、18のユニットで道案内やお勧めスポット、税込価格の紹介などが学習可能。

外国人観光客が増えているいまだからこそ学びたい、すぐに使える英会話教材が用意されているのはhanasoならではです。

いきなりロールプレイで実践力が高まる

hanasoのレッスンで特に実践的なのが、実際の英会話のシチュエーションを想定したロールプレイを講師と行う「いきなりロールプレイ」です。

例えば、「配送料込みの見積書をいただけますか? 」と商品取引のシチュエーションを想定してぶっちゃけ本番でロールプレイします。

見積書ってなんで言うんだろ…と英語がなかなか出てこなくてじれったい思いをした後に、「配送料込みの見積書をいただけますか?」は「Could you provide a quote that inclues shipping? 」 と教材で英語表現を学ぶと記憶に定着しやすいです。

こういた講師とのマンツーマンレッスンで学んだフレーズや発音は、翌日以降に復習問題として出題されて、この問題を解いていき、レベルがマックスになるとロールプレイ問題が出題されていくようになっています。

ロールプレイを新たなレッスンで講師とともに行った上で音声教材が利用可能になり、復習問題はレベルに応じて間隔が変化し、音声教材は5日のサイクルで出題されます。

これらの復習の間隔も、hanasoのシステムが自動的に管理してくれるので、自分で計画を立てなくてもいいので非常に楽です。

ビジネス英会話を通常料金で受講可能

Hanasoはベテラン講師によるビジネス英語を通常料金で受けられる点も見逃せません。

他のオンライン英会話ではビジネス英語を学ぶ場合は料金が高くなります。

サービス名 通常コース ビジネス英会話コース
hanaso 4,400円
レアジョブ 5,800円 9,800円
Bizmate 11,000円

オンライン英会話大手レアジョブだと日常英会話コースは月額5,800円からで、ビジネス英会話コースになると月額9,800円となります。

しかし、hanasoの場合は日常英会話でもビジネス英語を学ぶ場合でも料金は変わりません。

例えば、回数プランの一番安い月8回コースを選んでも、4,400円でビジネス英会話を学べます。

一般的な通学型のスクールで週に1回でだいたい15,000円から30,000円くらいが相場で、入会費などの初期費用が5万円ほどかかるケースも多い事を考えると、hanasoがいかにコスパが良いかが分かります。

メール・Skype・電話の全サポートに対応

hanasoはオンライン英会話初心者に向けたサポート体制も充実しており、メールだけではなくSkypeおよび電話でのサポートにも13:00~21:00まで対応しています。

レッスン中に万が一トラブルが発生した場合でも迅速に相談できるので安心です。

hanaso 評判 /3ヵ月使ってみて分かったデメリット

クレジットカード決済にPayPalの登録が必要なのがやや面倒

Paypalを使えばクレジット決済は可能ですが、ペイパルアカウントを持っていない方にとっては、登録が必要なのでやや面倒です。

PayPalは他のオンライン英会話でも同じタイプのシステムを使っているところも多いのですが、セキュリティ上はPayPalは信頼性が高いので、一長一短ではあります。

なお、銀行振込は3ヶ月分であることや、手数料を支払わなければいけないこと、確認してもらうまで場合によって、数日待たなければいけない事などからこちらもやや不便です。

カメラが無い講師がいる

これはレアジョブと全く同じポイントなのですが、ウェブカメラが必須ではありません。

音声のみのレッスンだと、やはりどうしても分かり辛くなります。

回線速度が遅い講師がいる

講師によって回線環境がかなり異なります。

同じホームベーススタイルのオンライン英会話でも「DMM英会話」と「レアジョブ、hanaso」ではこの回線速度の点で、運営側が講師に求めている厳しさが違います。

DMM英会話では回線に問題がある場合、直で講師のコメント欄に生徒からクレームが入りますので、講師側がそれを恐れてオフィス内の良い回線を使う事はもちろん、運営側もクレームが生徒から入った場合すぐに講師に状況の確認を求めます。

なので、全体的に見ればウェブカメラを使っても問題なく相手がクリアに見れるレベルの先生が多いです。

一方で、「レアジョブとhanaso」はそこまで運営が厳しく管理していません。

コメント欄がないので直接講師に届くのではなく一旦会社経由になっている点も、甘くなっている理由かもしれません。

現時点で言えることは、環境においては同じ格安英会話スクールでも、DMM英会話の方がワンランク上の基準で監視しています。

テキストをいちいちダウンロードするのが面倒

教材はリクルートのスタディサプリEnglishの監修者の関さんが監修しているので質が良いのは確かです。

ただ、毎回のレッスンごとに教材をいちいちPDF形式でダウンロードしなければいけないのが面倒くさく感じる人もいるかもしれません。

ベテラン人気講師が予約しづらい

hanasoはベテランの気講師とプロフィールの顔写真がかわいい講師の予約が埋まっていることがあります。

普通の講師は予約は取れますができるならベテラン講師もしくはかわいい講師のレッスンを受けたいですよね。

ただ、「人気講師争奪戦」はhanasoに限った話ではなく、どこのオンライン英会話でもある話です。

回数プラン・週2プランの人は翌々日以降に予約する可能性も高く、毎日プランで人気講師を予約するのは難しいです。

レッスンの質重視なら回数プランで人気講師を早めに予約するようにしましょう。

フィリピン訛りがある

20代や30代の若い年代の講師だとあまりフィリピン訛りは感じなかったですが、50代以上の年配の講師には若干フィリピン訛りの強い人もいました。

ネイティブ英語に慣れてる人からすると少し訛りが強いと感じる可能性はあると思います。

Skype・Zoomでのレッスンしかない

hanasoはSkype・Zoomでのレッスンです。

Skypeはインストールが必須なので、一手間あります。

DMM英会話、レアジョブ、Kimini英会話、QQEnglishなど他社の大手オンライン英会話では現在、それぞれ独自レッスンシステムを導入しています。

機能はスクールによって少しずつ違うのですが、教材と講師のカメラが1つの画面で見られるタイプが多いです。

一方、SkypeやZoomなどの場合は、教材と通信アプリケーションを個別に開く必要がありますますが、これが慣れていないと少し面倒に感じられるかもしれません。

hanaso 評判 /口コミ

悪い口コミ

概ね評判が良いhanasoですが、悪い口コミもチラホラあります。予約が取り辛い先生がいたりするのは他社でも同じですが、デメリットのところに書いた通り、Skypeだと講師の口元が見え辛かったりPDFのダウンロードが面倒くさいといった細かい点に関する不満点が見受けられました。

良い口コミ

hanasoは美人の講師が多いと評判ですが、やはり一番多いのはカリキュラムに関する口コミです。復習重視なので、学んだ英語が確実に身に付くと高評価ですね。特定の人気講師以外は、予約もむしろ取りやすいようです。

hanaso 評判 /こんな方におすすめ

質が高めの講師から格安でレッスンを受けたい人

hanasoの講師の質はかなり高いですが、トップ級ではないです。

しかし、月額5980円という割安な料金にしてはかなり健闘してる部類に入ります。

最上級になると、ワンランク上のビズメイツがおすすめですが、1万1000円という月額を考えると、果たしてhanasoの2倍の金額の価値があるのか微妙なところです。

中の上クラスの講師に格安でレッスンを受けたいという人のニーズにhanasoはマッチしていると言えます。

ビジネス英会話を練習したい人

hanasoはビジネス英会話を通常料金で受講できます。

レアジョブなら通常料金の2倍払わなければビジネス英語を受講できない事を考えると、Hanasoのビジネス英会話コースはかなりコスパが良いです。

お金をかけずにビジネス英会話を学びたい人におすすめです。

hanaso 評判 /無料体験レッスン

無料体験レッスンの受け方

①公式サイトから『今すぐ無料体験レッスン』ボタンをクリック

まずはhanaso公式サイトで、体験レッスンを申し込みます。

→hanaso公式サイトはこちら

②会員登録する

「無料会員登録/無料会員申込」のところから流れにそって行えば登録ができます。

この無料体験の時点では、支払い情報の登録は不要です。

hanasoではレッスンにSkypeを使いますので、「Skype名」も入力します。

登録後は、まず2回無料体験ができます。

③無料体験レッスンを予約

登録ができたら、すぐ無料体験レッスンを受けることができます。

hanasoのレッスン画面は非常に分かりやすいです。講師の空きスケジュールは一目瞭然ですし、検索機能も充実しています。

日本語が話せる講師を選べるのがhanasoの大きな強みなので、出来るだけ日本語が話せる講師を選ぶのをおすすめします。

逆に、100%WEBカメラを使う講師がいるわけじゃないのが注意点なので、その点もよく確認しましょう。

また、hanasoでは生徒からの口コミ機能はないですが、授業後にレッスン評価を5段階でつけることができ、講師のプロフィール欄で確認できます。

なお、スマホからでも、PCと同じように検索・予約が可能です。

hanasoを体験した私の感想

hanasoメソッドの中でも「英会話フレーズ」の「練習ステージ」を受講してみましたが、初回はレベル診断・カウンセリングを兼ねています。

25分でレッスン+レベルチェック+カウンセリングとなるとちょっと慌ただしいのですが、教えてくれた講師からそのままフィードバックがあるので、自分の問題点をレッスンの度に具体的に知る事ができるのがかなり良かったです。

また、レッスン終盤に差し掛かってから英語を学ぶ目的について聞かれ、おすすめの教材(レベル)を教えてくれました。

実際のレッスン時間を約6分オーバーで話してくれましたが、次のレッスンが入っていなかったとかで、例外的な対応してくれました。

レアジョブやQQEnglishでも体験レッスン後に日本人カウンセラーによるカウンセリングがあったりもするのですが、私としては「ないよりマシかな?」という感じだったので、hanasoの講師がかなり熱心に対応してくれたのは好感が持てました。

hanaso 評判 /コース・料金

コース名 月額(税込) 1回あたり 予約可能数
月8回 4,400円 550円 2コマ(翌月繰越可)
月12回 6,270円 523円 2コマ(翌月繰越可)
月16回 8,712円 495円 2コマ(翌月繰越可)
毎日25分 6,578円 212円 1コマ
毎日50分 12,078円 195円 2コマ
週2日25分 4,180円 464円 1コマ
週2日50分 6,380円 354円 2コマ

hanasoでは8つの料金プランがあります。

毎日1コマのプランは、月額6,578円で格安オンライン英会話では標準的な値段設定です。

毎日プラン以外に、回数プラン(月8回・12回・16回)や週2プラン(25分・50分)が充実しているのが特徴です。

毎日25分プランであれば1レッスンあたり212円、毎日50分プランであれば1レッスンあたり195円と非常に低価格でレッスンを受けることができます。

なお、回数プランのみ、余った授業を翌月に繰り越せます。

また購入から90日間使える追加チケットも販売しているので、短期間で集中的にレッスンを受けることも可能です。

hanasoの追加チケット
  • 5枚:3,630円
  • 10枚:6,700円
  • 15枚:9,080円

おすすめのプランは毎日25分プラン

hanasoで一番人気の「毎日25分プラン」は特におすすめです。

月額6,578円(税込)で1レッスンあたり212円と非常にリーズナブルで、他社と比較しても価格面でとてもお得です。

毎日25分プランで、関正生氏の教材を用いてhanasoメソッドで徹底的に反復学習をすることで、英会話初心者の方でもしっかりと基礎的な英会話フレーズと発音を覚えることできます。

hanaso 評判 /基本情報

レッスン回数 プランによる(1レッスン25分)
レッスン可能時間 24時間対応
講師数 約450人
月額料金(税込) 毎日25分 6,578円
毎日50分 12,078円円
週2日25分 4,180円
週2日50分 6,380円
無料体験回数 2回
無料体験ページ http://www.hanaso.jp/

hanaso 評判 /まとめ

hanasoは月額6,000円台の格安オンライン英会話の中では、日本語ができる講師の予約がとりやすく、また講師検索画面や予約画面が使いやすいです。

初めてオンライン英会話を始める方や初心者レベルの方にもオススメできるオンライン英会話であると言えるでしょう。

もちろん、中級者や上級者でも、フリートークや復習システムを積極的に活用すればハイレベルな学習も可能です。

無料体験レッスン時には支払い情報の登録は入りません。

気軽に体験レッスンを受けることができますので、気になった方は是非お試し下さいね。

関連記事:オンライン英会話のおすすめ /人気のオンライン英会話を徹底比較・ 本当に選ぶべきランキング【2021年】